新生エオルゼア編 メインクエスト Lv.1 冒険者への手引き~

学者を目指してリムサ・ロミンサに降り立ったPapaya Metal。

ここからなが~~~ぃ、冒険の旅が始まるのだ。

このカテゴリーは新生編をクリアしてしまった方には想い出を。

これから始める方にはネタばれあるのでご注意を。

メインストーリーから物語を紡いでいこうと書いています。

一番最初に受注するクエストはチュートリアルクエストです。

リムサ・ロミンサが抱える問題点が語られます。

目次

Lv.1 海の都リムサ・ロミンサへ 【チュートリアル】

エオルゼア全体図。

赤丸で囲った部分がリムサ・ロミンサのある場所です。

エオルゼア地図

リムサ・ロミンサの地図です。

リムサ地図

最初に出会うのはイエロージャケットの「リスフロー」。

リスフロー

まず君がすべきことは、冒険者ギルドのある「溺れた海豚亭」でリムサ・ロミンサの冒険者としての登録をすることだ。

簡単な操作のチュートリアルを済ませた後は、冒険者ギルドへ登録してこいと指示される。

どうやらリムサ・ロミンサで活動するためには冒険者ギルドに冒険者として登録をしないといけないようだ。

Lv1.海の都リムサ・ロミンサへ :冒険者ギルドに登録しよう。

冒険者ギルドの窓口は「溺れた海豚亭」にある。

「溺れた海豚亭」は上甲板層にあり、クロウズリフトを使うといいらしい。

クロウズリフトはリスフローが見る先にある。(動画 1:33~)

溺れた海豚亭の【バデロン】に会って冒険者ギルドに登録を済ませよう。

何度も出てくるセリフ:「クリスタルの加護があらんことを!」

そもそもクリスタルってなんやねん。

オープニングのムービーにもあった「エーテル酔い」。

エーテルってなんやねん。

ファイナルファンタジーやってると至極当たり前に出てくる「ワード」。

この後のストーリーで「クリスタル」や「エーテル」についての解説は出てきます。

全編を通じてこの世界の重要な「ワード」。

スターウォーズの「フォース」みたいなものかな。

※コンテンツ中に出てくるムービーのセリフは自動送りの有効・無効を切り替えられます。(動画 0:27~)

 ムービー中に【スペースキー】で切り替えてください。

バデロンからはリムサ・ロミンサが抱えている問題や、5年前に起きた第七霊災について聞かされます。

メインクエストがスタート。

バデロン

俺たちは、おまえさんたち冒険者の力を必要としている。

  • 蛮族「サハギン族」「コボルド族」との争いが絶えない。
  • 内部では海賊問題で揺れている。
  • 北方の大国「ガレマール帝国」も何やら動いている。
  • 零災(第七霊災)の後遺症

❹の第七霊災はエオルゼアに壊滅的な被害をもたらしたが、その危機を救うために戦った「英雄」たちの存在を知る。

光の戦士たち」。

みずからが「英雄」になろうとは思いもしないPapayaでした。

目指してるんだけどね。

これらリムサ・ロミンサが抱えている問題を解決するためには冒険者の力が必要らしい。

期待されてますね~(おつかいを)

台帳にサインをして冒険者としての登録を済ませたところに柄の悪いイエロージャケット3人組に絡まれます。

途中、海賊船と遭遇したらしいが、
まさか、お前が手引きしてたんじゃないだろうな?

リムサ・ロミンサに船で来る途中、海賊船に襲撃されたのはおまえが手引きをしたんだろうと。

優しいバデロンが庇ってくれます。

バデロン

「こいつは、俺の死んだ親父の母ちゃんのそのまた親父の妹の姪っ子の孫の親友なんだ」。

へーそうなんだ。

う、うむ・・・・・そうか。
しかしな、お前も例の人拐いの件は聞いているだろ。
身内とはいえ、よそ者を簡単に信用するんじゃないぞ。

さて、ここでイエロージャケットのルガディン♂が喋った情報。

例の人さらいの件」。

最初の冒険(おつかい)はここから始まります。

Lv1, 冒険者への手引き – メインクエスト –

よくお世話になる3つの施設を紹介されます。

バデロン

都市の見物がてら、ひとまわりしてこいよ。

  • 下部甲板の八分儀広場にある巨大クリスタル像「エーテライト」
  • 国際街商通り
  • 巴術士ギルド

早速教えられた三つの施設を訪ねに行くのですが、

バデロン

道すがら、困ってる奴を見かけたら、積極的に声をかけてやってくれよ。

FF14にはメインストーリーを進めるためのクエスト以外にもたくさんのサブクエストがあります。

リムサ・ロミンサの序盤のサブクエストは施設の場所を誘導する役目があって、道中にクエストを受ける事でスムーズに各種施設の場所に辿り着けるようになっています。

特に都市内エーテライトはリムサ・ロミンサの街を素早く移動するのに便利なので、序盤に全箇所「交感」しておくのが吉。

※各都市や広い駐屯地や村に設置されています。

都市内エーテライトがリムサ・ロミンサには全7カ所。

  • エーテライト・プラザ
  • 冒険者ギルド前(鍛冶師ギルド・甲冑師ギルド・黒渦団)
  • 調理師ギルド前(レストランビスマルク)
  • 巴術師ギルド前
  • 漁師ギルド前(双剣士ギルド)
  • 斧術士ギルド前(コーレルタワー)
  • マーケット(国際街広場)

全部の都市内エーテライトを開放すると。

  • ゼファー陸門 (中央ラノシア)
  • テンペスト陸門 (低地ラノシア)
  • リムサ・ロミンサ・ランディング(飛空艇乗り場)

が開放されます。

※「溺れた海豚亭」から出るにはニニヤからのサブクエスト【海都で名をなす秘訣】を受注しないといけないので注意。

サブクエスト Lv.1 海都で名をなす秘訣(動画 3:35~)

溺れた海豚亭で食事をしているララフェル族の【ニニヤ】。

このララフェルからクエストを受注しないと「溺れた海豚亭」から出る事ができません。

無理やり出ようとしても。

おっと、待てよ。リムサ・ロミンサで活動するつもりなら、バデロンの旦那の話は、ちゃんと聞いときな

ちょっと待ちたまえ。必要な人にはなしかけたか、辺りを確認してみるんだ。都市内の探索は、それかれでも遅くないぞ

ちょいとあんた、戻っておいでよ。見たとこ、新人の冒険者だろ?だったら、バデロンの言うことを、ちゃんときいときなよ

と天の声に叱られ、溺れた海豚亭に戻されてしまうのです。

仕方がないので【ニニヤ】からクエストを受注します。

このサブクエストは第一の施設「エーテライト」までの誘導の役割があります。

素直に受けましょう。

というか、受けないと先に進めません。

しかし、ニニヤめ。

覚えておけよ。

【海都で名をなす秘訣】の報告が終わると次のサブクエストを受注できます。

エーテライトマーケットに行く道中に完結する簡単なおつかいクエストなのでついでに受注しておこう。

冒険者への手引き – よく世話になる「3つの施設」 –

エーテライト

エーテライト画像

一種の転送装置。

触れて「交感」する事で使用可能になります。

現地にいるイエロージャケットの警備兵が指南してくれる。

国際街商通り

リムサ・ロミンサの商いの中心地。

武器や防具をはじめ、冒険の必需品が揃っている。

マーケットボードやクラフトに必要な素材を売ってる店、リテイナー窓口や呼び鈴等が設置されています。

商人組合長「スヴォーズブレート」から説明が受けれる。

巴術士ギルド

※斧術士を選択した人は、ここが「斧術師ギルド」になります。

巴術士の使い手が集う場所。

受付の「ムリー」に声をかけよう。

ムリーから巴術についての説明を受けたら、クラスクエストが受注できるようになります。

入門して受けてしまいましょう。

「溺れた海豚亭」から巴術士ギルドに行くまでに3カ所のエーテライトを開放できるので忘れずに「交感」しておきましょう。

  • リムサ・ロミンサ エーテライト
  • マーケット(国際街広場)
  • 巴術士ギルド前(フェリードッグ)

メインクエスト Lv.1 – 冒険者への手引き – 報告

エーテライト 国際街商通り 巴術士ギルド、と訪問したら「溺れた海豚亭」に戻ってバデルンに報告。

最初のメインクエスト終了です。

お疲れ様でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次